私の友人がアメリカへ個人で海外旅行へ行きました。そして、彼は言葉の不安をそこで感じ、引き返したと書きました。

海外旅行でフィジーに行ってきた。
海外旅行でフィジーに行ってきた。

私の友人が経験した海外旅行での教訓的体験について。

海外旅行はとても危険だと思います。世界のほとんどの国では日本語が基本的に通じないからです。当然、言葉が通じなければ様々な問題が生じます。犯罪に巻き込まれて命を落としてしまうことだってあるかもしれません。その点、外国語を習得している人は言葉の上では問題がないと思います。しかし、問題なのは海外旅行で訪れる国の言葉を十分に学ばずに行こうとしている人がいるということです。

例えば、私の友人は英検準2級を持っているからと言って、集団旅行でアメリカに行くのではなく、個人旅行としてアメリカに行きました。取得している英検の級が準2級では、日常生活上の簡単な英語が理解できるだけのレベルであり、個人で海外旅行を行う上では不十分であると思われます。結局、彼は2週間アメリカに滞在する予定でしたが、たったの2日で日本に帰ってきました。話を聞いてみると、空港を離れて町のさまざまな看板をみて、ほとんどの単語が理解できなかったために不安を感じてすぐに空港へ戻ったというのです。私は良かったと思いました。そのまま彼がアメリカに滞在していたら、どんな状況に陥っていたか想像するのも怖いです。

彼にとってはあっという間の海外旅行で、不満足かもしれません。しかし、これはどんな国でも正しい判断として当てはまる行為だと思います。海外旅行で言葉の不安を感じたら、すぐに戻るべきです。

Copyright (C)2019海外旅行でフィジーに行ってきた。.All rights reserved.